ビルトインコンロの特徴と選び方|アドテックサービス株式会社

更新 本日の取付工事もお電話ください
給湯器の交換に必要な費用は?
Rinnai・ビルトインコンロの特徴
施工実績
営業拠点
本店
さいたま市中央区新中里3-17-4
南与野店
さいたま市中央区鈴谷2-794 Miox 102
春日部店
春日部市増富190-27(16号増富交差点)
熊谷店
熊谷市久保島802
千葉営業所
千葉県流山市駒木488
神奈川店
神奈川県横浜市青葉区鴨志田町53
仙台店
宮城県仙台市青葉区小松島2-23-23
山形店
山形県山形市鉄砲町2-4-1

店舗外観

ビルトインコンロの特徴と選び方

沢山のシリーズがあるビルトインコンロ、シリーズごとの特徴や機能の違いを紹介。

とっても沢山あるビルトインコンロ。メーカーから色々なシリーズが出ていますが、一体どれを選んだらいいのか悩んでしまいますね。
コンロの違いや機能の有無について解説していきますので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

ガス種別

ガスは都市ガスとプロパンガスの2種類ですので、コンロも都市ガス用とプロパンガス用がありますので、お間違えの無いようにしてください。

天板サイズ

天板サイズは60cmと75cmの2種類があります。交換の際に天板幅の違うものにすることも可能ですが、消防法によりレンジフードの幅より大きいサイズは設置できません。 レンジフードが60cmの場合、コンロの天板幅は60cmのものになりますのでお気を付けください。

天板素材

ホーロー

ホーローは金属の下地に表面にガラス質の釉薬(ゆうやく)をかけて焼き付けたものです。ツヤがあり鉄板を使用しているので耐久性にも優れています。清掃面ではガラスよりも劣り、経年劣化により表面の塗装が剥がれてしまう場合もありますが、リーズナブルなものが多く価格重視ならオススメです。
また、ホーローに特殊コーティングを重ねたパールクリスタル(リンナイ製品)やハイパーガラスコート(パロマ製品)など、従来のホーロートップよりも汚れが落ちやすいものもあります。 ガラストップ 強化ガラスを使った天板で見た目がとてもキレイで耐久性・耐熱性・清掃性に優れています。またノーリツ製のビルトインコンロには親水アクアコートで汚れが落ちやすいコーティングが施されているものもあります。注意したい部分としては強化ガラスとはいえ重いものを落とした時にヒビが入り割れる可能性があります。

ステンレス

錆に強く耐久性があり、コーティングがされていないので塗装が剥げるということもありませんが、熱により変色する可能性があります。
ステンレストップの機種はノーリツから販売されているプラスドゥのみで、家庭用コンロとしては珍しいタイプのコンロです。

アルミ

熱伝導率が良く、熱が素早く分散するため汚れが焼き付きにくく、お手入れも楽で衝撃にも強いのが特徴で、ホーロートップやガラストップと違いツヤがなくマット調の天板で、ピアット(マルチグリル)で採用されています。
ピアットマルチグリル:アルミトップ・天板幅75cmはこちら
ピアットマルチグリル:アルミトップ・天板幅60cmはこちら

ゴトクの素材と種類

ステンレスゴトクとホーローゴトクの2種類があり、ホーローゴトクが一般的です。 ホーローゴトクは色が濃く、汚れや傷が目立ちにくくお手入れにあまり気を使わなくて良いのがポイントです。ただし経年劣化による塗装の剥がれなどありますので注意も必要。 ステンレスゴトクは錆びにくくゴトクの色も明るいため高級感がありますが、ステンレスは熱に弱く過熱による変色を起こしてしまうデメリットもあります。ステンレスクリーナーでこまめに手入れをすることで変色をある程度防ぐことも可能です。

高火力バーナーの位置

コンロにより、左右両方高火力バーナーのものとどちらか一方だけのものがあります。 どちらか一方だけが高火力のコンロの場合、コンロ左側に壁がある場合は右側高火力、コンロ右側に壁がある場合は左側高火力の機種を選ぶのが一般的のようです。

コンロの口数

ビルトインコンロの口数は3つ口タイプと2つ口タイプがあり、ほとんどが3つ口タイプです。3つ口タイプのコンロは一度に多くの調理が可能ですので、たくさんの料理を作るご家庭向きといえます。 2つ口タイプのコンロはリンナイ製だとユーディアエフやセイフル、ノーリツ製だとスマートコンロやミフィット、ファミといったシリーズになります。 3つ口タイプのコンロに比べ調理スペースに若干ゆとりがあり、安全性の高い仕様になっています。

オート調理機能

オート調理機能とは食材やメニューに合わせて自動で火加減調整をして消化までしてくれる機能です。タイマー機能と違い火加減調節までやってくれるので、餃子などはフライパンに食材を入れてオートメニューを押せば、あとは放っておいて出来上がるのを待つだけという便利な機能です。ハンバーグなど裏返しが必要なメニューも音声ガイドで裏返すタイミングを知らせてくれるものもあり、複数の調理中でも安心です。 オート調理以外にも炊飯機能や、お湯が吹きこぼれないように茹で上げる麵ゆで機能やお湯が沸くと自動で消化する湯沸かし機能などが付いている機種もあります。

オートグリル機能

オートグリル機能はオート調理のグリル版です。コンロ指定のココットなどに下味をつけた食材を入れてあとは出来上がりを待つだけなのでコンロで調理しながらオートグリルでもう一品など料理がとても楽になります。ココット以外でも焼き魚なども自動で火加減調節と消火をするので、簡単に焼き魚を作ることができます。

安全機能

現在発売されている最新コンロにはSiセンサーと言う安全機能が付いています。Siセンサーとはなべ底の温度を感知する温度センサーと立ち消えを防止する炎検知センサーですべてのバーナーにSiセンサーを搭載することが義務付けられています。

コンロ選びのポイント

ビルトインコンロは安価でシンプルなものからオート調理機能やスマートフォンアプリ連動を搭載した上位機種まで様々です。 自分に合ったコンロ選びとして、日頃どれくらい料理をするのか家族構成などによっても変わってくるかと思います。これまでのお客様の傾向からすると、料理が好き・料理が得意という方は自分の料理レシピを持っており、オート調理にはあまり興味がないという場合安価でシンプルなコンロを選ぶ方が多いようです。
逆に料理があまり得意でない、好きだけど他にもいろいろとやる事が多く、もう一品を作るのが大変という方などはオート調理機能が付いた上位機種などを選ばれる傾向にあります。
また、洗濯や洗い物などをしている間にお湯の吹きこぼれを経験している方などは、湯沸かし機能や麺ゆで機能などが付いている機種を選ばれます。

ビルトインコンロの耐用年数は10年程度ですので、頻繁に買い替えるものではありません。そろそろ交換したいなと思われた場合、まずは上位の機種などを見てみて、どのような機能があるのかを確認してみると良いでしょう。
最近の機種ではリンナイのデリシアなどスマートフォンアプリと連動した機種もあり専用レシピが随時追加されていくようなものもあります。また、遠赤外線セラミックバーナーを搭載したグリルでは、素材の中からじんわり調理し焼きムラも少なくこんがりと焼き上げます。グリル庫内は汚れやすく臭いも付くからあまり使わないという方も居られますが、脱臭機能が付いているものや、ココットプレートを利用することで油汚れを大幅に軽減することも出来るのでお手入れも簡単になります。

高機能ビルトインコンロのオススメシリーズ

3つ口コンロならリンナイの最上位機種ならデリシア

リンナイの数あるシリーズの中ですべての機能を搭載したシリーズで、オート調理・オートグリルはもちろんアプリ対応したシリーズです。コンロには湯沸かし機能や麺ゆで機能、炊飯機能も搭載、グリルはもちろん脱臭機能付き。オート調理とオートグリルを同時に使いながら一度に複数の調理を簡単にできます。

2つ口コンロならノーリツのスマートコンロ

ノーリツの上位機種にスマートフォンアプリに対応したスマートコンロがあります。見た目はとてもシンプルでスタイリッシュ、機能面はデリシアとほぼ同じような感じですが、デリシアのように遠赤外線セラミックバーナーや音声ガイダンスはありません。また、天板幅が75cmのみです。

他のシリーズは上記2つのシリーズからアプリ機能やオート調理機能などを外したものやコンロの口数の違いなどです。機能が少ない分、価格が安くなっています。機能表などを見ながらご自身にあったコンロを見つけてみてください。

施工事例

施工事例

新着情報

対応エリア

施工事例

埼玉県全域

東京都全域

千葉県

アドテックサービスは皆さまに10年の安心をお届けいたします

【出張見積もり無料】お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
ページの先頭に戻る