2020年12月03日更新 本日の取付工事もお電話ください

給湯器の号数とは

給湯器の号数とは

給湯器には16号・20号・24号などの号数があります。この号数は1分間に給水温度+25℃のお湯を沸かす量を表したものです。
16号の場合は1分間に「水の温度+25℃」のお湯を16リットル作ることが可能です。

水の温度は夏と冬では差があります。東京都庁付近の水道水のデータですと1月の最小温度は約5℃、8月の最小温度で23℃というデータが出ております。※平成29年度
給湯能力の必要号数を調べるには下記の式で求めることができます。

号数 ={毎分の出湯量×(設定温度ー水温)}÷25

例えば、冬場の水温が5℃で42℃のお湯を1分間に12リットル出す場合、上記の式に当てはめると、17.76号となります。
一緒にお住まいのご家族の構成により、複数箇所で同時にお湯を使うシーンは多々あると思います。
台所とシャワーを同時にお湯を使うシーンがある場合、それぞれの号数を合わせた給湯能力が求められます。
ただ、これまで1分間に何リットルのお湯を使っているという感覚で生活されている方はまず居りませんので、計算式が分かってもなかなかピンとこないのが普通だと思います。

交換の場合ですと、これまでの機種で特に不便は感じていなかったという場合、同じ号数のものであれば特に問題はございません。
現在、ご利用の給湯器の型番をお電話にてお知らせいただければ、号数も分かりますので、ご利用状況など含めて質問などございましたら遠慮なく申しつけください。

施工事例とお客様からの声

新着情報

対応エリア

埼玉県全域

東京都全域

千葉県西部

お問い合わせ・見積り無料