2020年12月04日更新 本日の取付工事もお電話ください

給湯器って冬が壊れやすいんです

11月になり気温もだいぶ下がってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
給湯器のトラブルについて書いてみたいと思います。

じつは給湯器の壊れやすい時期というのがあります。
それが「」これからの季節です。

給湯器は水をお湯にする機械ですから、とうぜん水の温度が低ければ依り多くの稼働エネルギーを使うので給湯器にも多くの負担がかかります。
それ以外にももっと寒くなると夏場では考えられない凍結などの問題も出てきます。

寒い時期だからこそお湯の出番は増えていきますが、突然お湯が出なくなったときのショックは大きいです。
私もそうですが「お湯が出るのが当たり前」の生活をしているわけですから、冬場にお湯が出ないなんて考えたくないですね。

これからの季節は弊社もそうですが、どの工事会社様も給湯器トラブルの問い合わせが増えてきます。生活必需品ですから、なるべく効率よく多くのお客さまのところへ向かう努力をしていますが、12月などはお電話いただいてから1週間以上お待ちいただく場合などもございます。

給湯器の寿命は大体10年くらいですので、「古い給湯器で保証書を無くしてしまった」「もう保証の期限も過ぎてしまった」などの場合は修理よりも交換した方がお安くなる場合がほとんどです。
年数の経っている給湯器で「お湯の温度が安定しないな」「給湯器から異音がする」といった症状が出ている場合は給湯器交換のサインですので、心配なお客さまは一度、訪問見積もりをご検討ください。
訪問見積は無料ですので、遠慮無く申しつけください。

不明な点などございましたら、お電話LINEメールなどで遠慮無くご質問ください。

施工事例とお客様からの声

新着情報

対応エリア

埼玉県全域

東京都全域

千葉県西部

お問い合わせ・見積り無料