2020年12月02日更新 本日の取付工事もお電話ください

給湯器からお湯が出ない原因と対処法は?給湯器故障の判断方法も解説

給湯器を使用している中でのトラブルとして「給湯器からお湯が出ない」という事態が挙げられます。給湯器は毎日使うものですし、いきなりお湯が出なくなったらどう対処して良いのかとても困ってしまいますよね。
この記事では、給湯器からお湯が出ない原因と対処法について解説します。

給湯器からお湯が出ない原因と対処法

ここでは、給湯器からお湯が出ない原因と対処法について解説します。

そもそも水が出ない場合

給湯器からお湯が出ないだけでなく水も出ない場合は、まず水道の止水栓や元栓を確認するようにしましょう。ご自宅の他の水道も確認してみて、1か所だけ水が出ない場合は、止水栓が開いていないもしくは不具合が起きている可能性があります。
ご自宅の複数の蛇口から水が出ない場合、元栓が閉じてしまっているのではないか確認しましょう。もし元栓が閉じている訳でなく水が出ない場合は、凍結やその他故障の可能性があるため、早めに水道業者に相談してみる必要があります。
また、お住まいの地域で断水を行っている可能性もありますので、「水が出ない…」と思ったら周辺住宅の状態も確認してみてください。

ガスが原因となっている場合

水道に異常がないにもかかわらず給湯器からお湯が出ない場合は、ガスがつながっていない可能性もあります。ガスの元栓を確認し、ガスが通っているかチェックしてみましょう。
実際にガスが通っているかどうかは、ガスコンロを付けてみることですぐに確認が可能です。特にガスの元栓はしまっていないのにもかかわらずガスが使えない場合、ガスメーターがガスを遮断している可能性があります。
ガスメーターは何らかの異常(ガスの長時間使用や地震などの災害等)を感知すると、自動的にガスを止めることがあるのです。ガスメーターがガスを止めていた場合は、ガスメーターの復帰ボタンを操作して復帰を行います。
また、「どうもガス臭いな…」と感じた場合は窓を開けて換気を行い、火気に気をつけるようにしましょう。静電気がガスに引火する可能性もあって危険ですので、換気をしたまま何もせず早期にガス会社へ連絡するようにしましょう。

給湯器故障の確認方法と対処法

ここでは、給湯器が故障しているかどうかの確認方法と、確認してもわからない時の対処法について解説します。

給湯器の故障チェック方法

給湯器が故障しているかどうか確認するには、まず給湯器のリモコンにエラーコードが出ていないかをチェックしましょう。もしエラーコードが出ているのであれば、給湯器の説明書やホームページ等で対処法が確認できるはずです。
給湯器のリモコンにエラーコードが出ていない場合は、以下の2つを行ってもお湯が出ないかを確認してみてください。

  • 温度設定を見直してみる(温度設定か低くなってしまっていないか)
  • 給湯器に電源が入っているかどうか見直してみる

意外と単純なことが原因でお湯が出ていないだけであることが多々ありますので、一度確認してみましょう。

どこにも何も異常が見つけられない場合は?

給湯器にエラーコードが出ておらず、温度の設定や電源にも問題がない場合は、早期に業者へ連絡するのが一番です。
給湯器は電気やガス、水道とつながっているため一般の方が手を入れるのは大変危険であり、原因がわからないのであればそのまま専門業者に相談するのが安全だと言えます。
また、「多分〇〇が原因だと思うけど、自信が持てない…」などといった場合にも、専門業者へ連絡するようにしましょう。
給湯器の早期復旧はもちろん自分自身の安全のためにも、無理をしないことが何より大切です。

まとめ

給湯器からお湯が出ない場合は、どこに原因があるのかを一つずつ確認していくことが大切です。原因が水道にあるのかガスにあるのか、それとも給湯器にあるのかを確認し、自分でできる範囲の対処をしていきましょう。ただし、給湯器周りの作業は一定の危険を伴うため決して無理はせず、できる範囲のことをしたら後は業者に連絡することが大切です。

施工事例とお客様からの声

新着情報

対応エリア

埼玉県全域

東京都全域

千葉県西部

お問い合わせ・見積り無料