2020年10月20日更新 本日の取付工事もお電話ください

給湯器の修理にかかる費用を解説!修理?交換?迷ったらまずは確認

給湯器が突然故障してしまった場合、給湯器を修理すべきか交換すべきかで悩むケースも多くあることでしょう。
費用を抑えるのであれば修理で何とか進めたいものの、修理で進めてしまって本当に良いのか、結構迷うものですよね。
そこで今回は、給湯器の故障時に修理・交換を適切に判断するため、給湯器の修理・点検費用と交換費用の相場を紹介したうえで、修理と交換の判断基準について解説します。

給湯器の修理費用は?交換にはいくらかかる?

ここからは、給湯器の修理・点検や交換にかかる費用について解説していきます。

給湯器の修理・点検にかかる費用

給湯器の修理・点検にかかる費用は、故障箇所によっても変わりますが、おおむね7千円~1万7千円程度だと言えます。
給湯器の燃焼系部品の不具合の場合は万7千円程度かかりますが、電装系の部品の不具合の場合は1万円弱程度で修理できることが多いでしょう。
水制御系の機器が不具合を起こした場合は1万円程度の修理費が想定され、安全装置の不具合の場合は7千~8千円程度の費用が予想されます。
また、出張費を数千円程度請求されることも多々ありますので、念頭においておきましょう。

給湯器の交換にかかる費用

給湯器の交換にかかる費用を考える際は、給湯器本体を購入する費用と交換工事にかかる費用の2つに分けて考えるとわかりやすいでしょう。
給湯器本体の価格は、追い炊き機能の有無やエコ性能の高さ、床暖房機能の有無などによって大きく変わります。

  省エネ性能
低い 高い
追い炊き機能なし 6~15万円程度 10~17万円程度
追い炊き機能あり 9~20万円程度 13~25万円程度
追い炊き機能あり+床暖房 18~20万円程度 20~50万円程度

また、工事費用はおおよそ3万円~6万円程度が相場だと言えます。上記の給湯器価格と工事費用を合わせた金額が、給湯器の交換にかかる費用だと考えておきましょう。

結局どっちがお得?給湯器の修理・交換に迷ったら

ここからは、給湯器の故障時には修理と交換のどちらを選ぶのが合理的なのかを、2つの観点から解説していきます。

メーカーの保証期間を確認

給湯器が故障してしまっても、メーカーの保証期間内に故障したのであれば修理を無償で受けられるため、当然ですが修理を選択するのが合理的だと言えるでしょう。
保証期間内であれば給湯器の寿命はまだきていないと思われますから、修理で対応しても、まだ十分に通常通りの使用が継続できます。
メーカー保証期間は基本的に全ての給湯器についており、原則1~3年間ほどです。
給湯器を購入して数年程度で故障してしまった場合には、まだ保証期間内か否かを確認してみましょう。

使用年数で判断

ある程度長い年数を使用している給湯器が故障した場合は、使用年数によって修理か交換かを判断していくこととなります。

給湯器の寿命はおよそ10年程度と言われていますが、寿命間近の給湯器が故障した場合には、修理対応ができないと判断されてしまいます。
使用年数がおおむね7年程度までの給湯器であれば、修理対応が可能なケースが多いと言えますから、7年以内なら修理、7年超なら交換とイメージしておくと良いでしょう。

ちなみに、使用年数7年超の古い給湯器でも修理で対応することはできるケースもありますが、修理してもすぐに不具合を起こして再修理が必要になる可能性もあります。

修理を繰り返せば当然費用もかさみますので、長く使用した給湯器が故障した場合には交換をしてしまった方がかえって合理的だと言えるのです。

まとめ

給湯器の修理・点検にかかる費用は7千円~1万7千円程度、交換にかかる費用は給湯器本体の購入費用が6~数十万円、交換工事費用は3~6万円程度が相場だと言えます。
修理か交換かを判断する際には使用年数を基準にすべきです。
メーカー保証期間内であれば修理が無償のため合理的であり、使用年数7年程度までであれば有償でも修理対応が十分にできます。
あまりに古い給湯器は一度修理しても故障を繰り返す可能性があるため、交換してしまった方が長期的に見て合理的だと言えるでしょう。

施工事例とお客様からの声

新着情報

対応エリア

埼玉県全域

東京都全域

千葉県西部

お問い合わせ・見積り無料