2020年12月01日更新 本日の取付工事もお電話ください

給湯器のガス代はどのくらい?すぐに始められるガス代の節約方法とは

給湯器を使う家庭で気になることの1つに、給湯にかかるガス代が挙げられるでしょう。
実は給湯器に使うガスは家庭のガス使用量全体における割合が高く、給湯器のガス代を節約することでガス代全体の大幅な節約が可能なのです。
今回は、給湯器を使用した際のガス代がどのくらいかを解説し、給湯器のガス代節約方法を紹介していきます。

給湯器使用時のガス代はどのくらい?

ここではまず、給湯器を使用した際のガス代について解説していきます。

家庭のガス使用量のおよそ8割は給湯器

実は、毎月支払っているガス代のほとんどは給湯器の使用によるものであり、ガス代全体のうち8割を占めるとも言われています。
更に、給湯器使用によるガス代のうちの8割はお風呂で使用されており、残りの2割はキッチン使用時のガス代となっています。
お風呂に入る際には大量のお湯を必要とするため、給湯器のガス代も大きくなるということでしょう。

ガス代は夏と冬で2倍もの差
特に冬にかかるガス代は高く、夏の2倍近いガス代が発生すると言われています。
総務省統計局の行った調査によると、2019年の季節ごとのガス代の平均は以下の通りです。

世帯人員
2019/1~3

2019/4~6

2019/7~9

2019/10~12
1人 3,599円 3,121円 2,102円 2,449円
2人 6,160円 5,079円 3,167円 3,683円
3人 6,933円 5,620円 3,650円 4,219円
4人 6,885円 5,972円 3,616円 4,277円
5人 7,335円 5,901円 3,965円 3,859円

上記を見ると、冬のガス代が夏の1.7~2倍程度になっているのがわかるでしょう。
冬のガス代が高くなりやすい理由には、以下のようなものが考えられます。

  • 冬は水温が低いため、温めるのに余計にガスが必要となる
  • 冬は何かとお湯を使う機会が多い
  • 冬は浴槽にお湯を張ることが増える

給湯器のガス代の節約方法とは

ここからは、給湯器のガス代を節約する方法を3つに整理して解説していきます。

中見出し>お湯の使い方を見直す

給湯器のガス代において大部分を占めるのがお風呂であり、使い方を見直すことで給湯器のガス代節約が期待できます。
以下のような方法のうち、取り入れられそうな方法から取り入れていきましょう。

  • 設定温度を低めに設定する
  • 浴槽に張る湯量を少な目(5分目程度~)にする
  • シャワーを流しっぱなしにしないよう気を付ける
  • 浴槽の保温にはふたを使用する

追い焚きの回数を減らす

追い焚きの回数を減らすことでも、給湯器のガス代節約につながります。
以下のような方法を取ることで、追い焚きの回数を減らすことが期待できるでしょう。

  • 家族の入浴時間をなるべくそろえ、追い焚きが必要無いようにする
  • 浴槽にこまめにふたをし、保温性を高める
  • 追い焚きに比べてガス代がかかりにくい、足し湯を活用する

追い焚きの回数を減らすには、お湯ができるだけ冷めないようにすることが大切です。

省エネタイプの給湯器に交換する

思い切って省エネタイプの給湯器に交換してしまうと、月々のガス代が節約できてかえって合理的です。
特に同じ給湯器を10年以上使い続けているような場合は、エコジョーズやエコワンなど省エネタイプの給湯器に交換することで大きく光熱費を押さえることもできるでしょう。

まとめ

給湯器のガス使用量は比較的多く、家庭のガス使用量全体の8割が給湯器の使用によるものだと言われています。
特に冬にかかるガス代は高く、夏の2倍程度かかるとも言われているのです。
給湯器のガス代を節約するには、お風呂の使い方を見直したり、追い焚きの回数を減らしたりすることが効果的です。
また、古い給湯器を使用している家庭では、省エネタイプの給湯器に交換することもガス代節約には効果的でしょう。

施工事例とお客様からの声

新着情報

対応エリア

埼玉県全域

東京都全域

千葉県西部

お問い合わせ・見積り無料